SBIレギュラーカード審査 口コミ・評判

SBIレギュラーカード審査のポイントや口コミ・評判や対象、年会費の仕組み、保険制度、特典、ポイント、ショッピングや還元率、審査の時間、申込方法などのメリット・デメリットを紹介。

住信SBIネット銀行 SBIカード「レギュラーカード」口コミ・評判による審査について

SBIレギュラーカードなら、高校生を除く18歳以上で、本人に安定持続収入の人やアルバイト・パート・派遣の人、また本人の配偶者に安定継続収入がある人が申込OK!{最短1週間でカードが手元に。これからの時代をかしこく生きる人のためのカード。旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合)は海外・国内とも最高2,000万円、カードご利用可能枠は10万から50万円、ショッピングも利用価額に応じて最高1.2%のキャッシュバック!利用金額に応じてポイントがたまるサークルプラスポイントやSBIポイント交換レート、また不正の利用、盗難・紛失、旅行傷害などの保険も完備しています。!!


SBIレギュラーカード審査のポイントや口コミ・評判や対象、年会費の仕組み、保険制度、特典、ポイント、ショッピングや還元率、審査の時間、申込方法などのメリット・デメリットを紹介。

SBIカード「レギュラーカード」スペック表

住信SBIネット銀行Mr.カードローン★クレジットカード名正式名称
SBIカード「レギュラーカード」


★国際ブランド
MasterCard


★カードフェイス
ブラック、ホワイト、ピンク、グリーン、ブルーと5色から選択できる。


★申込みできる方
18歳以上で、バイト・派遣・パートや学生の方、また本人の両親に月毎安定的に継続した収入が見込める方。


★年会費
@本会員
初年度無料。次年度以降:972円(税込)
※ただし「年間10万円以上のショッピング利用」で次年度無料
※2015年10月からの1年間は、すでに利用中の人も年会費無料となります(2016年10月から請求します)。
※年会費はご入会月に請求いたします。ごご入会月は、WEB会員専用ページ内の貴方のご契約内容「ご契約日」にて確認ください。
※年会費の優遇の基準となる年間の利用料金は、2016年10月以降に迎えるお客さま毎のご入会月より遡って1年間の利用代金が対象。
例):入会月12月の人は、2015年12月〜2016年11月の利用金額で年会費の特恵待遇を評定し、年会費が発生する時は、2016年12月に請求します。
※年会費の計上基準である年間利用料金は、ショッピング利用代金に限られるものとし、年会費、さまざまな手数料、マネーサービス(キャッシング)利用料金は含まれません
A家族会員
1枚目は無料。2枚目以降は1枚あたり525円(税込)
※最高5枚まで発行可


★利用代金の明細書の発行手数料
216円(税込)
※2016年4月1日発行分より適用
※WEB明細は引き続き無料


★カードご利用枠
新規入会時のカード利用枠:10万円〜50万円
※ショッピングのご利用では、カード利用枠の範囲内で利用いただけます。
※マネーサービス(キャッシング)ご利用枠は、カード利用枠の中で別途設定いたします。
※お客さまのカード利用枠(ショッピングご利用枠、マネーサービス利用枠)は、カード送付台紙を確認ください。


★ショッピング手数料率
実質年率5.8%〜12.8%
※ショッピング手数料は、初回引落日以降のショッピング利用残高(リボ残高)が発生する時にかかります。※貴方の手数料は、カード送付台紙をご確認ください。


★ショッピング遅滞傷害金
実質年率14.6%


★マネーサービス融資利率
実質年率7.0%〜20.0%
※マネーサービスの融資利率は、ご利用日の翌日からマネーサービス利用残高にかかります。
※貴方の借入利率は、カード送付台紙をご確認ください。


★マネーサービス遅延損害金
実質年率20.00%


★お支払い方式
残高スライド元利定額リボルビング方式


★海外利用時の為替レート
海外でのショッピング利用額はMasterCardが交換するレートにて円換算した金額にタスク処理等の費用として1.63%を加算した金額となる。


★再発行手数料
540円(税込)


★ETCカード発行手数料
540円(税込)
※2016年10月1日より適用
※発行時のみ、発行手数料540円が発生いたします。更新は無料。


★旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合)
@海外:最高2,000万円
・死亡と後遺障害保険代金【本会員:最大2,000万円/家族会員:MAX1,000万円
・傷害療治保険金【本会員:最高200万円/家族会員:最高100万円】
・賠償責任保険金【本会員:MAX1,000万円/家族会員:最大500万円】
・救援者費用保険金額/保険期間中【本会員:最大100万円/家族会員:最高50万円】
A国内:MAX2,000万円
・死亡と後遺障害保険金【本会員:MAX2,000万円/家族会員:最高1,000万円
・入院保険金【本会員:日額3,000円/家族会員:日額1,500円】
・通院保険料金【本会員:日額2,000円/家族会員:日額1,000円】
※旅行のご利用金額をSBIカードで支払することが保険付帯の条件となります。
※家族とは、本会員と生計を共にしている6親等以内の血族あるいは3親等以内の姻族となります。なお、同居の家族であっても、お勤めをされている方などの場合は家族特約の対象とならない時がございます。


★サークルプラスポイント
ショッピング1,000円ご利用につきサークルプラスポイント10ポイント付与
※別途、年間のご利用料金に応じたボーナスポイントを予定しています。
※実施の有無を含めボーナスポイントの概要が決まり次第、別途ご案内させていただき。


★キャッシュバックレート
・サークルプラスポイント
3,000ポイント⇒1,000円
5,000pt⇒2,000円
10,000ポイント⇒5,000円


★SBIポイント交換レート
・サークルプラスポイント
1,000ポイント⇒SBIポイント250ポイント
3,000pt⇒SBIポイント850pt
5,000ポイント⇒SBIポイント1,700ポイント
10,000ポイント⇒SBIポイント4,200pt


★海外緊急発行手数料
21,600円(税込)


★追加可
・ETCカード
※年会費永年無料のETC専用カードです。これ一枚で、有料道路の料金所をノンストップ&キャッシュレスで快適に通行できる。
・コンセプトカード
※航空会社のスターフライヤーとの連携カードが誕生。ショッピングでフライトで、スターフライヤー・マイレージ・プログラム「STAR LINK」のマイルをためることができる、マイレージ性能付きクレジットカードです。
・Nexyz.SBIカード
SBIレギュラーカードのサービス・機能はそのままに、Nexyz.BBのプロバイダー料金が毎月5%OFFでご利用いただける{お得なカード。


★申し込みに関するご注意
・受付状況のご確認は、受付番号を申出のうえ、申込み本人さまより問い合せください。
・ご本人さま以外からの問い合わせには答えかねます。
当社所定の審査により、入会の希望に添えない場合もあるので了承ください。
日本の国外からの申込みおよび海外へのカード発行はいたしません。また、近日中に海外転居、長期海外滞在をご予定の人へのカード発行は原則受容しない。


★信用情報機関
◆全国銀行個人信用情報センター
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
TEL:03-3214-5020
ホームページアドレス:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/


※必ずお申し込みになるご本人の方が入力ください。入力内容をもとに所定の審査のうえ、入会手続きをします。
※カード発行手続きに際し、ご自宅またはお勤め先に連絡することがあります。
※本サービスの申込み受付は、日本国内に在住し、SBIグループの提携する金融機関に支払い口座をお持ちの方に限ります。
※年末年始およびゴールデンウイークなどの大型連休は、カードお届けまでにお時間がかかる場合があります。
※運転免許証あるいは運転経歴証明書の交付がある人は、運転免許証または運転経歴証明書での本人確認が必要となるので、必ず用意ください。尚、運転免許証や運転経歴証明書の交付の有り無しが確認できない場合、電話で確認いたしますので承諾ください。
※当方へ送届けた書類は返戻できません。
"

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンTOP

 

 

カードローン申込する時の申し込みフォームへの入力で嘘をついてはダメ!

住信SBIネット銀行Mr.カードローン 初めに借入するための申込フォームへの入力をすることになります。まずクレジットカード申込の際には申込みフォームへの入力をしてから審査という流れになります。
その時、『収入が少ないとクレジットカード審査に落ちそうだから、審査に通過するように年収を多めに申し込み書に記入しておこう』と、カードローン申し込みの時に虚偽の情報を書いてしまう方がたまにいらっしゃいます。
しかし気持ちはよくわかるのですが、虚偽の記載はやらない方が身のためでしょう。

『今日中に何としてでもクレジットカードを作りたい!』
と考えてのことだと察しますが、相手もいろいろな人を審査してきた専門家です。
過去の申込者の情報を基に、勤続年数や企業の大中小、年齢、経歴などからおおよその年収を把握しています。

さらに、信用機関には申込した後にオペレータによる電話での本人確認があり、電話でも申告した情報の質問が入ります
なので、この平均値から大きく逸脱していれば、クレジットカード会社は『これは変だ』と判断するわけですね。

これは収入以外のデータも同じですので、申込書の記入時の嘘は大抵信用機関側にすぐにわかってしまいます。
嘘の申し込みフォームへの入力をしたと一度見つかってしまえば、信用機関側としては絶対にカードを作ることはないと言っていいでしょう。

もしも正直に審査に臨んでいた場合、融資を受けられる、あまりに悪質だったり嘘が多かったりすると、信用情報へ要注意人物として登録されてしまい、他のカードローン業者でも融資ができなくなってしまうかもしれません。
また、誇大な情報申告のまま貸付をしてしまうと、詐欺で訴えられてしまうリスクもなきにしもあらずです。

結論としては、虚偽の申し込みフォームへの入力はリスクの方が遥かに大きいとも言っていいでしょう。
正直に申込書に記入して審査通過しないならクレジットカードを持たないぐらいの気持ちでいましょう。